京もの担い手 プラットフォーム

menu

member's introduction

古川 剛 TAKESHI FURUKAWA (京焼・清水焼)

古川 剛 TAKESHI FURUKAWA (京焼・清水焼)

〇プロフィール〇

プロフィール
会社名・工房名
経歴
  • 1984年
    京都に生まれる。
    日本工芸会正会員 古川 利男
    祖父,京焼・清水焼窯元 二代 古川 竹峰(昭和製陶有限会社)
  • 2004年
    京都府立陶工高等技術専門校 陶磁器成形科 修了
  • 2005年
    京都府立陶工高等技術専門校 陶磁器研究科 修了
  • 2006年
    みやこ技塾 京都市伝統産業技術者研修 陶磁器コース本科 修了
  • 2007年
    みやこ技塾 京都市伝統産業技術者研修 釉薬実務者コース 天目釉専攻 修了
    京都女子大学付属小学校創立50周年記念 陶芸展 出展
  • 2008年
    みやこ技塾 京都市伝統産業技術者研修 釉薬実務者コース 天目釉・青磁釉専攻 修了
  • 2010年
    フジテレビジョン開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』 作品提供
  • 2011年
    京都女子学園創立100周年記念 陶芸作家展 出展
    京都 長江家 彩はにほへ陶展(以降12,14,15年)
  • 2012年
    京都市伝統産業技術者研修 釉薬実務者コース 天目釉専攻 修了
    大丸 京都店 二人展
  • 2013年
    京焼・清水焼『京もの認定工芸士』称号 拝受
    京都市・伝統産業技術後継者育成研修 陶磁器コース・陶磁器応用コース 成形実習 講師就任
    京都文化博物館 京もの認定工芸士作品展 出展(以降毎年)
    東京 日本橋三越 本店 初個展
  • 2014年
    第7回現代茶陶展 入選
    111回九州山口陶磁展 入選
    第2回陶美展 入選(以降15,16年)
    京都 日吉開窯100周年記念コンペティション 京都新聞社賞
    仙台 藤崎百貨店 燿変天目と交趾・二人展
    第3回そば猪口アート公募展 特別賞(15年入選)
    京都 六々堂 個展(以降15年)
    中国 上海高島屋 京都物産展 出展
  • 2015年
    ニューヨーク 日本のアンティーク着物 その素晴らしいデザイン展 出展
    京都 平成の京町屋×平成の工人作品展
    京都 髙島屋 日本陶芸美術協会選抜展 出品(以降16年)
    イタリア ミラノ万博 出品
  • 2016年
    京都 平安神宮 『炫燿油滴茶盌』 奉納
    中国上海 煙波 日本天目展 出品
    京都文化博物館 京都府立陶工高等技術専門校創立70周年記念展 出品
自己PR 産技研にて油滴天目釉などを専攻して以来,自身でも実験を繰り返してきました。天目釉は同じ釉薬でも焚き方はもちろん、窯の場所で変化する釉薬です。そのため,日々の釉薬の調整は欠かせませんが,その中から学ばされる事は非常に多く,新たな天目釉が生まれるきっかけになることもあります。今後も古典的な油滴天目や禾目天目をベースにオリジナルの天目作品を制作していきたいと思います。
所属団体等 産技研研修修了生(旧工業・繊維技術センター研修修了生), 京もの認定工芸士
HP・SNS https://www.takeshi-tenmoku.net/
https://www.instagram.com/takeshi.tenmoku/
その他 若手作家・職人インタビュー
第1回 古川 剛
出展情報 ・2020/03/02~2020/03/31 京都美風「未来の名匠」技の披露展
・2020/02/26~2020/03/03 日本陶芸美術協会選抜展
・2020/01/22~2020/01/28 天目 古川剛 作陶展
・2019/11/01~2019/11/11 第8回京都やきものWeek わん碗ONE
・2019/10/26~2019/10/27 いろはにほへ陶展
・2019/10/23~2019/10/27 令和元年度 京の名工展
・2019/10/02~2019/10/08 天目 古川 剛 作陶展
・2019/07/10~2019/07/16 日本陶芸美術協会選抜展

作品写真

当ページの本文及び画像の転載・転用を禁止します。