京もの担い手 プラットフォーム

menu

about

 (地独)京都市産業技術研究所(以下「産技研」という。)では,長年にわたり「伝統産業の担い手育成」の取組を推進する中で,京都の伝統産業製品「京もの」※1の製作に携わる若手担い手(以下「担い手」という。)を取り巻く厳しい環境や課題に直面してきました。そこで,これらの解決に向けて,京都市,京都府,京都商工会議所,(公財)京都伝統産業交流センター等との連携を強化し,担い手の製品開発から販路開拓まで幅広く支援するため,ポータルサイト「京もの担い手プラットフォーム」(以下「本プラットフォーム」という。)を下記のとおり開設しました。

※「京もの」:本事業における「京もの」とは,西陣織や京焼・清水焼等の京都市が指定する伝統産業74品目及び京都府が指定する京もの指定工芸品34品目を指します。

1 目 的

 本プラットフォームは,本プラットフォームに登録する担い手(以下「メンバー」という。),若手ならではの感性をいかした製品の活用を希望する企業・事業者等(以下「京もの活用企業」という。),産技研・京都市・京都府・京都商工会議所・(公財)京都伝統産業交流センター等の各機関(以下「連携機関」という。)で構成します。

連携機関が実施する担い手を対象としたイベントやセミナー等の支援情報の提供,メンバー及び事業のPR・プロモーションを通じて,京もの活用企業のニーズを喚起するとともに,メンバーとのマッチングを図り,製品開発から販路開拓まで幅広い支援を行うことで,京都の伝統産業の技術継承及び振興と発展を目指します。

2 主な事業内容

 本プラットフォームでは,主に次の事業を実施します。

(1) 支援情報の提供
 連携機関が取り組む担い手を対象とするイベント(展示会),セミナー(研修),補助金等の有益な情報を一元化し,担い手に対する効果的な情報発信を図ります。

(2) メンバー及び事業のPR・プロモーション
 メンバーのPR(メンバー紹介,出展情報紹介)や,京もの活用企業のニーズを基にした製品開発,展示販売企画のPRを行います。また,これらにより,メンバーと京もの活用企業とのマッチングや更なるニーズの喚起と新メンバーの加入につなげます。

(3) 京もの担い手コンペティション(製品開発及び展示販売支援)

メンバーの製品開発及び展示販売を求める京もの活用企業を募り,コンペティション形式で開発製品や出品製品を決定することにより,マーケットイン型の製品開発や販路開拓につなげます。また,製品開発に当たり,必要に応じて産技研が技術支援を行います。


step① 担い手製品の製品開発や展示販売に関心を持つ京もの活用企業からの問合せを受け,連携機関・事務局が調整のうえ,「京もの担い手コンペティション」企画を作成。
step② 事務局が本プラットフォームを通じて,メンバーに「京もの担い手コンペティション」情報を発信。
step③ 企画に関心のあるメンバーが,本プラットフォームからエントリー。
step④ 事務局がエントリー情報を取りまとめ,京もの活用企業と調整。選出されたメンバーに製品開発及び出品を依頼。必要に応じて産技研が技術サポートし,製品化。製品開発や展示販売後,製作に携わったメンバーや京もの活用企業のPR,プロモーションを行い,新たなニーズの喚起につなげる。

(4) 同業・異業種交流
 個人では受けられない大量受注や異業種技術を組み合わせた受注への対応等,メンバー間における同業・異業種交流による新たなものづくり体制の構築を図ります。

 「京もの担い手プラットフォーム」の登録対象者は,京都府内を主な活動拠点とし,京ものの製作に関して,2年以上の経験をもつ45歳以下の担い手(担い手の育成という観点から,45歳以下に限定させていただきます。)となります。
 本プラットフォームのメンバー及び京もの活用企業を募集しておりますので,本プラットフォームに関心のある方は,以下からアクセスしてください。
  なお,詳細につきましては,京もの担い手プラットフォーム利用規約をご参照ください。

メンバー登録
member's entry
  お問い合わせ
contact